高校生の頃のストップウォッチいたずら

150415392570_TP_V
毎回授業前に10分間の小テストがある教科があり、先生が毎回ストップウォッチを持ってきていました。
ある時、その先生が授業後ストップウォッチを持って帰るのを忘れ、教卓の上に置きっ放しになっていた。
仲の良かった友達5人で授業後の休憩時間にしゃべっている時に、忘れていったストップウォッチに僕が気づきました。
それで、あることを思いつきました。
それは…
「タイマーを20分にセットして、最前列のクラスメイトのカバンに入れる」
というイタズラです。
あまりしゃべったことのない子とか、仲良くない子にするとただのいじめになるので、仲の良かった子にしました。
20分後、「ピピピピッ、ピピピピッ」とストップウォッチの音が授業中の教室に響き渡りました。
さらに、その子は最前列でカバンの中に入れたので先生が気づかないはずがない。
もちろん、その子はストップウォッチなど入っているとは知らないから超焦っているんです。先生に、「お前、カバンからなんか鳴っとるぞ!携帯か?出してみい!!」と怒られかけていると、その子のカバンの中から出てきたのは、前の授業で使ったストップウォッチ!!!
「えええ、これは、前の授業で使ってた、、、いや、僕のじゃないんです」とその子が焦っていてクラスでは大爆笑
いつもクールぶっているのに、この時は超焦っていました。
授業は5分くらい止まりましたが、結局あまり怒られることなく終わりました。
授業後は、ちゃんと謝りに行き笑って許してくれました。
次は絶対お返しすると言われて…