男性から愛される女性になる方法

a0c2b80fa031342a17c03fdd51b95bb7_s

 

この世の中にいる、ほぼすべての人は異性からモテたいと思っているでしょう。

そして男性であれば、有名大学や企業に入るために勉強したり、
スポーツやトレーンングをしたりして女性からモテる努力をする。

一方女性は、エステに通ったり髪型やメイクに気を配ったり、
男性とは違った方法ですが同様にモテるための
自分磨きを多くの人が実行しています。

今回は女性に絞って、間違った自分磨きの方法や
男性にモテるためのコツを話していきます。

 

まずはじめに、冒頭でもお話ししましたが、多くの女性は
エステやダイエット、メイクなどに力を入れることで
男性からの評判をあげようとしています。

もちろん、それは大事なことで、多くの男性は見た目を重要視するので
ファーストインプレッションを上げる努力は必要です。

見た目以外にも、体臭対策を行うなど、マナーの部分も、最低限のことは重要です。

 

しかし、多くの女性はここで終わってしまっているんです。

結婚や付き合うということを前提とした時に、一番大事なのは「頭の良さ」なんです。

自分を磨くのに一番いいのは、体ではなくて頭。

 

そして頭を磨くことによって逆に体もよくなります。

なぜなら、頭が体をそ配してますから、脳機能を磨くことによって
女性ホルモンや免疫系を高まり、魅力的になるんです。

いろんな人と会ったり話したり、考えたり、
興味あることをやってみたりすることで頭は磨かれていきます。

とにかく表面的に体を磨くだけではなく、
頭を鍛えることをより重要にしてください。

 

次に話すことは、男性ってのは「一点豪華主義」ということです。

男の人は「胸が大きいから」とか「足が細いから」など、
それだけで女性を好きになってしまう生き物なんです。

 

逆に女性は「アベレージ主義」でかっこいいだけで
なかなか好きになれない生き物。

見た目だけでなく、「仕事は何やってるんだろう?」とか
「家族構成はどうだろう?」など考慮してしまうんです。

 

そのため、女性は「アベレージ主義」だから
男性も「アベレージ主義」だろうと勘違いしてしまいがち。

そこで間違った努力をしてしまう女性はたくさんいます。

男性としては一個抜きに出た個性のある女性を好む傾向
「一点豪華主義」なので、そこでズレが生じてしまうと
魅力的に見えてもなかなかモテなかったりするんです。

 

結論として、モテたいのであれば

1 見た目よりも頭を磨く。
2 何か一つチャームポイントを作ってそれをごり押しする。

この二つが一つのコツになるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です